ガラスや照明機器を替えて自宅のインテリアを楽しむDIY

ガラスアート

ガラスアートはこれからも生活の必需品

ガラス製品は、コップなどの日用生活品をはじめ、ガラスアートのアンティーク品や美術品として世界各国で幅広く親しまれております。さらには、窓ガラスなどの建築物にも使われるようになり、生活をするにあったってもはや必需品と言っても間違いないかと思います。最近では、日用品にもガラスアート品が主流になっているように感じます。ガラスコップに描かれた多彩なアートはどれも美しいものばかりになっております。中には一つ数万円から数十万円するものもあり、ガラスアートは高く評価されているものと考えられます。これからもガラスアート製品は、若者からお年寄りの方まで幅広く親しまれ続け、すたることのない一品になっていくと思います。

耐熱製品を使うときの注意点

お店や百貨店では、よく耐熱ガラスという製品を見かけるかと思います。ですが、耐熱ガラスと言うのも種類がありますので、使用するときは事前に確認しておくことを注意して頂きたいです。耐熱製品には、熱湯用、電子レンジ用、オーブン用、直火用とあり、それぞれ耐熱限界の温度というものが存在します。熱湯用や電子レンジ用は、耐熱温度は約120度までと製品の説明書にもかかれているかと思います。オーブン用は180度から200度のものがあるので、製品に合った温度で使用して頂けたらと思います。直火用はかなりの耐熱性があり、高いもので500度近くまで耐えられるものがあります。また、ガラスが欠けていたりすると少しの刺激で割れてしまう可能性もあるので、異常が見られたときは使用しないことをおすすめします。

Copyright (c) 2015 ガラスや照明機器を替えて自宅のインテリアを楽しむDIY all reserved.